読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

初夏の匂い

いつもこの季節が来ると、どこからともなく東洋的な花の匂いが漂ってくる。

夏の到来を感じる。

 

今までのぼくなら「ああいい匂いだ」で終わらせるところだが、今年の儂はひと味違う。ちゃんと花の名前を調べますよ。

って、一人称が滅茶苦茶や。

 

f:id:osenpe:20170520220300j:image

ニセアカシア

ずいぶんな名前だと思う。本アカシアと偽アカシアのどちらが本家かなんて、

人間の都合じゃないか。

と思ってニセアカシアの本来?の名前を調べると、ハリエンジュ(針槐)という名前がちゃんとあるらしい。

でも、残念ながらニセアカシアという名前に親しみすぎているので、

私はこれからも針槐のことをニセアカシアと呼ぶのだろうなあ。

 

冬の間散歩するときは、ニセアカシアの刺々した枝が通路に伸びていて

ずいぶん危ない植物だなぁと気を悪くしていたのだが、こんなにいい匂いのする花がつくのだからいいや。刺々してても。

という風に宗旨替えをした今日この頃。

 

ニセアカシアの花をとってきてカメにあげたら、ムシャムシャ食べていた。

(葉っぱとかには毒があるが、花は食用にしてもよいらしい。)

蜜が入っていて旨いのかもしれない。

冷たい血のなかで

週末はリフレッシュできたはずだ。

多肉植物に水をやったし、カメには日向ぼっこさせたし、髪を茶色に染めもした。

 

職場に向かうべく車に乗り込むと、オーディオの出力スイッチを切り替えてiPodをつないだ。

さいきん車のなかではラジオなんか聞かない。「冷たい血のなかで」という曲がたいへん気に入っていて、行きも帰りもそのひとつの曲だけを繰り返し繰り返し聴いている。

どことなくひんやりした感じの曲で、スピーカーから流れ出す音も冷気を含んでいるような気がする。

アイラービューソー、プリーズドンゴー。

アイラビュソーアイラビュソー、プリーズドンゴー。

あなたを愛している、どうか行かないで。

別れの歌だろうか。

でも感情を込めて歌っているのではなく、

音としてきれいだしシックリくるからこの歌詞にしました、みたいな流麗な歌い方だ。

なるべく人を轢かないように運転したが、結局その日轢いたのは老人2、若者1、幼児3、そして猿が1匹。これでもましな方だと思わなければならない。

 

「おはようございます。」

ボスは毎日、髪を複雑な形に結い上げている。わたしはここに勤めて半年になるが、知る限り一度たりとも同じ結い方をしているのを見たことがない。

ほどくとどれくらいの長さなんですか、とか

それなんて言う結い方なんですか、とか

訊いてみたくないでもないが、ボスの前に行くと無駄口をきこうという気持ちが萎んでしまうのだ、不思議と。

「おはようございます。あなたの今日の予定は、そう、DNAの増幅、電気泳動、赤い培地100まいつくること。金曜に話した通りで宜しく。悪いけど、火曜以降の予定はまだ決めてないんだよね。それは、まあ追い追い話すということで。」

 

ボスに挨拶したあと、管理係のところに行った。先週出庫したサンプルをまだ報告していない。

管理係の男性は、先週までは金色の縮れ毛を肩まで垂らしていたが今日は黒くてまっすぐにのばした髪をしており、頭の左半分をきれいに刈り込んでいた。

もちろん、その事についてなにかコメントすることはない。

「14本凍結サンプルを使ったんですね。社内システムのリストに出庫記録つけて更新しましたよね?じゃあ、それでいいってことで」

パソコンに向かう横顔は、太いべっこうぶちの眼鏡に隠れているせいで表情が読めない。

あれで、ちいさい息子がふたりいて結構な子煩悩らしい。

午前中けんめいに働いたら、5分で弁当を食べて(わたしはほんとうに食べるのが早いのだ)あとは自分の車のなかで寝ている。

今の時期、暑くもなく寒くもなくてほんとうにちょうどいい。昼休みを切り上げるのが惜しいくらいだ。

っていうか、この時間だけが心の支えで仕事に通ってる。季節が進んでもっと蒸し暑くなったらわたしはどうやって正気を保てばいい?

ああ、死ぬまで午睡の心地よさが続けばよい。ルララ。

アイラビュソーアイラビュソープリーズドンゴー。

 

 

往来

道を歩いている人たちを眺めていると、何となく気持ちが救われる。

朝の時間帯なので、通勤中とおぼしき壮年の男性や通学中の小中学生が多い。

皆思い思いの服を着て、荷物を持っている。

その日身に付けるものを吟味して選んだ人もいるだろうし、無造作に箪笥をあけて手近にあった服をテキトーに着た人もいるだろう。

さらに辿ると

その服は、各々が「お。これいけてるやん」

と思って買ったものだったり、とりあえず無難な服ならなんでも良いや、と手に取ったりしたものであるはずだ。

 

その経過をぼんやり空想すると

ああ、みんなそれぞれの好みを持っていて

自分なりに考えて生活を組み立てて過ごしているんだよな。

と思ってなんか安心するのだ。

 

あと、小学生低学年ぐらいの子達は見ていて面白い。

いきなり立ち止まったり、被っている帽子を突然脱いだと思ったら草むらに放り出したり、電柱に抱きついたり、行動に脈絡がない。

ああ気ままに振る舞っていたら楽しいだろうな。

私も道を歩きながら奇声を発したり、餅を撒いたり、電柱に抱きついたりしてやろうかしらん。とも思うが、大人である私がそれをやったら少々頭がござっていると思われてしょっぴかれる可能性が高い。残念だ。

 

あとは、そうだな。

だいぶ車の運転になれてきた。

対向車の運転手の顔がわりと目にはいるのだが、しかめっ面をしていたりヘラヘラしていたりと色々で、はは。おもしろい。

車を運転していて信号待ち中に、前の車に仲良さそうなカップルが乗っていると座席の辺りをガン見してこいつらチューするかな。あ、した。

等とひとりで喜んでいる。

たまにカーステレオで音楽でも聴いているのか、ノリノリで頭を振っている運転手の後頭部を眺めていることもある。ああいうゴキゲンな人を見ると自分も頑張ろうと思える。

 

たまに散歩をするときはサークルKで焼き芋を買って、歩き食いしながら家に帰る。

私は転勤者なので、いつこの町並みとおさらばするかわからない。

そういう時はちょっと心細い。

住宅街を通るときは、庭付き一戸建てをチラチラ見ながら、この辺に家を買って死ぬまで永住するのってどんな感じなんだろう?と空想する。

どこの町に行ってもそうだ。

で、どこの町にいても、「永住」ということがぴんとこない。

 

そんなことをダラダラ書いてて思ったのだが

私はたいへんしあわせものなのかもしれない。

そんな気がしてきた。

 

最近ウケた事。
断食明けのお坊さんがインタビューを受けていて、今いちばん口にしたいものは?と訊かれて「スムージー」とこたえていたこと。

以上

 

 

雨の日のキャンプ

雨だけどキャンプをして、テントで寝ている。夫と犬は寝静まったようだ。

私は冷えきった固い寝床が落ち着かなくて、テントに当たる雨音を聞きながらブログを書いている。

自分のペラペラの寝袋と夫の比較的厚い寝袋を取り替えてもらったのだが、それでもやはり寒い。

テントって薄いのに、土砂降りでも雨一滴中に染み込んでこないのは凄いなーと思う。

 

春に桜の木を見ると思い出すこと。

大学生の時に教養科目で落語の講義をとったが、毎回宿題で自作の落語を提出しなければならないのがキツくてすぐに脱落したこと。

1回目はなんとか苦し紛れに、桜の木の下に死体がめっちゃ埋まっている話を捻り出して提出したのだが

それ以降ぜんぜん落語のアイデアが思い付かなくて宿題を出せなくなり、その講義の単位をとるのを諦めたのだ。

 

好きな野草

ヒメオドリコソウ
f:id:osenpe:20170409005551j:image

 

オオイヌノフグリ
f:id:osenpe:20170409005621j:image

どっちも名前からして趣がある

ホコリをかぶった文集のような

高校の頃は文芸部にいた。

何回か文集が発行され、それに短文を書いたりした。

文集はたいてい教室のロッカーの上にポツンと置かれていて、誰からも忘れられたような風情を漂わせていた。

どれぐらいの人が読んでくれていたのかすらわからない。

でも、読み手がいようといまいとあまり気にしていなかった。文を書くことや、それが印刷されて冊子になること自体が面白かったので。

私がどんな文を書いていたかというと、香水を飲んで生きる人造人間の小話とか、嘔吐恐怖症の事とか、映画のタイトルについてとか書いていた。

他の人はとても短い詩を書いたり、長野まゆみっぽいラブストーリーを書いたり、

色々だった。

誰も手に取ることなく忘れられた文集、ペラくて青い表紙の。

情景としてはなかなか悪くない。

毎日だるい。

好きな事もどうでもよくなってくる。

この間は久しぶりに犬の河原遊びに同行した。

大きな石がゴツゴツしていて歩きにくかった。

細かい産毛がはえた木の芽をさわった。名前は知らないが、細かい粒が密集したきもい植物の穂を見たりした。

 

好きだったことがどうでもよくなってきてるのが一番つらい。

このままの気分で残りの人生生きるのはしんどい。

 

あとは、写真を見るのがだるくなってきた。かわいい動物の写真とか洒落たカフェの写真を見てもうるせー。バーカ

という気持ちになる。

 

だるいので入浴とか着替えとか歯磨きとかもサボりまくってる。

仕事も勿論だるい。

 

暖かくなったら花桃を見に行きたい。

FF15日記⑦「モブハントの沼に呑み込まれ」

モブハント…本編のストーリーには直接関係のない、モンスター狩猟クエストのこと。

 

ゲームはほぼ毎日欠かさずやってますが、メインストーリーを放置し、またしてもモブハント三昧です。楽しいです。

ここで本編のストーリーを整理しておこう。

前回までのあらすじ…ラムウの啓示を得た、レガリア(車)を取り返した

 

グラディオラスの妹、イリスちゃんが待つレスタルムという街に戻ると、イリスがなにやら落ち込んでいます。
f:id:osenpe:20170320194904j:image

グラディオラス、イリス兄妹のアミシティア家の執事でノクティスたちとも親交があったジャレッドが帝国軍に刺し殺されたとのこと。


f:id:osenpe:20170320195957j:image

拾い物の画像で失礼します。

左のタルコット君はジャレッドの孫。かわいそうに、「なにもできなかったんです」と泣きじゃくっていました。

 

帝国軍の奴等がノクティスたちの所在をさがしまわって聴き込みをしている際、街の人が誰も口を割らないのに業を煮やしてノクティスの関係者であるジャレッドを手にかけてしまった。ということのようです。

 

・てか、やっぱり帝国軍はノクティスの身柄を確保したいんかい

なんで帝国の宰相アーデンはノクティス達に接触しながら捕まえずに泳がせてるの?

・ノクティスに親いイリスやタルコットはなんで無事なの?女の子と子供だから?

そんな甘いことでいいの?

・王子を使いパシりにするなど扱いが荒いわりに、王子一行の所在については口を割らない一般市民のなぞの団結力…(ノクティスたちは街やら荒野やらウロチョロしてるから、目撃情報はやまほどあるはず)

 

と、心中いろいろ去来する想いにひたっていると、

イリスをカエム岬というところに送り届けて避難させることになりました。

そこでは、整備士のシドが王子達がオルティシエに渡航するための船の準備を進めているらしい。


f:id:osenpe:20170320201734j:image

しばらくイリスちゃんと行動を共にします。

あぶないよ!運転中に!

 


f:id:osenpe:20170320201938j:image

なんか、帝国基地の攻略ミッションが発生しました。

ノクティスいわく「このヴォラレ基地にはジャレッドを殺したカリゴ准将がいる。かたきをとろう」

イグニスいわく「帝国軍のサイボーグ兵相手ばかりじゃ埒があかない。人間相手に話をして、帝国の思惑を把握しときたい。カリゴ准将を生け捕りにして情報を聞き出そう」

「ヴォラレ基地は帝国の補給地点っぽいから、叩いておいて損はない」

だそうです。

悠長なこと言ってないでさっさとイリスを避難させてオルティシエに向かえよ。

てか、王子一行は帝国の宰相クラスの人間を把握してないウッカリさん揃いのクセに

よく准将の名前と居場所の情報をとれましたね

と思いましたが、仕方あるまい。

ヴォラレ基地を攻略します。

 


f:id:osenpe:20170320203100j:image

こいつがカリゴ准将。


f:id:osenpe:20170320203146j:image

王子のバレバレの尾行

 


f:id:osenpe:20170320203237j:image

尾行には気付いていないはずなのに、やたら説明口調なカリゴ准将の独り言により、

 

・カリゴは王子を早く見つけ出して手柄をたてたい、とあせるあまり気がはやってジャレッドを手にかけた

・もう一人「アラネア」という名の准将とここでおちあう予定になっている。

アラネア准将は傭兵あがりで、カリゴはアラネアに対して見下し&対抗意識の両方を持っている

やっぱり帝国は王子の身柄を拘束しなきゃいけないんじゃんアーデン宰相は何がしたいのっていうか帝国はちゃんと統制とれてんのか

ということがわかりました。

 

ノクティスのシフト

(ノクティスの専用スキル。ワープ移動して、不意打ちを仕掛けたりできるチート技)によって、カリゴ准将を難なく捕縛。

イグニスに連行を任せ、ノクティス&グラディオラス&プロンプトで基地をあらかた叩いて、じゃあ撤収しましょーかというときに

急に奇襲をかけてきた人物が!

 


f:id:osenpe:20170320204506j:image

帝国軍のアラネア准将。

カリゴ准将の台詞に出てきたアラネアっていうのがこの人か!

男ばっかでむさ苦しい世界にようやくきれいな女戦士が!(イリスちゃんもいるけど、ガンガン戦う感じではないからね)

てか、胸の谷間!!

 

戦闘シーンのスクショは無しですが、アラネア戦は派手でスピーディーでなかなか楽しかった。アラネアは高く空中ジャンプして大きく飛び回るので、ノクティスのシフト攻撃で追いかけると空中戦っぽい雰囲気を味わえるのです。

 

アラネアのHPを削りきると、

「契約の仕事時間過ぎたからもう帰るわー。これ以上戦ってもお金にならないし」

とかいって帰り支度を始めます。

え?そんなんでいいんですか?

アーデンの意味不明さといい、帝国軍の皇帝はマジで部下の思想教育ちゃんとしとけよ

ってなもんですが


f:id:osenpe:20170320205536j:image


f:id:osenpe:20170320205607j:image

またあとで出てくる流れですねこのヒトは

 


f:id:osenpe:20170320205714j:image

ノクティス「なんだったんだアイツ」

 

再び合流したイグニスと話をすると

「カリゴ准将には連行の途中で逃げられた。まぁヴォラレ基地は殲滅できたしオールオッケー」みたいなことを言われましたが、

帝国軍の思惑を吐かせるという当初の目的を達成できてないやないかヘッポコ軍師!

逃げられてんじゃねー!

 

でも、ノクティスは心が広いので特に怒らず

「じゃあまたあとで会うこともあるかもな」

となんかフラグ立ててました。

 

※カリゴ准将とは本当にあとで再会する機会あります

 

今日の1枚


f:id:osenpe:20170320211727j:image

今のところ一番お気に入りの写真

 

雑感

うんとつらいことも無くなったかわりに、とても楽しいと感じることも無くなってきた。

こんな風に老いて死んでいくのかも。

 

人の機嫌を損ねまいとしてギリギリまで自分の意志を表明せずに、かえって人の機嫌を大きく損ねることがあって

反省している。

人の機嫌をうかがってもどうせ最終的には怒らせてしまうのだから、自分の考えはさっさと明らかにしようと思う。

FF15日記⑥「雷神ラムウは好々爺」

前回までのあらすじ:雷神ラムウの啓示を受けることに。

 

ラムウの啓示を受けるには、とりあえず石碑に触れて回ればいいらしい。

ラムウとも戦わなきゃなんですか?ドキドキ。

最後の石碑を探して洞窟のダンジョンを探索していると、ナーガという蛇女のような怪物があたしの子供知らない?と訊いてきました。
f:id:osenpe:20170305204844j:image

全然知らねーし、と答えると「じゃあお前をアタシの子に…!」とか言ってきて戦闘になりました。

ノクトたちはいいかげんレベル上げすぎなので、たいして苦戦もせず。

ナーガは「子供を返して…」と言いながら消滅しましたが、これ何か物語の伏線ですかね?

その他の雑魚敵、特筆することなし。

 


f:id:osenpe:20170305210052j:image

最後の石碑に触れたら、雷神ラムウから力を授かりました。というメッセージが。

あ、戦わなくていいのね…ほっ。

ラムウは友好的な性格の神様らしい。

タイタンに会いに行ったというルナフレーナは、ラムウとも会ったんですかね。

 

ラムウの啓示を済ませたあと、レガリアは帝国のとある基地(名前は失念)に保管されているとのタレコミを受け、

ノクティスたちはレガリアを取り返すため基地に潜入します。


f:id:osenpe:20170305212339j:image

これは基地潜入前にキャンプで作戦をたてるノクティスたち。

 

実際やったことは帝国兵を蹴散らしたり、基地のエネルギー装置を破壊したり、レガリアを奪還したり、です。

まったく個人的な感想ですが、マップで迷いすぎて画面酔いするわ夜が明けるわでちょっと疲れました。ゲームがどうとかじゃなくて、私個人のゲームの下手さの問題ですね。

攻略本見ながらでも迷うって、相当です。

 

最後の戦闘で、「雷神ラムウが力を貸したがっているようです」とメッセージが出て、ラムウを召喚して攻撃ができました。


f:id:osenpe:20170305215926j:image

ラムウは髭の長いお爺ちゃんぽい見た目をしています。このムービーは迫力あって見ごたえありでした。

本作では、

・神様は気まぐれに力を貸してくれる。プレイヤーが召喚したいタイミングで呼べるわけではない。

・神様が力を貸したがっているときは辺りの空気がなんか紫っぽくなるのでわかる

・どの神様が来てくれるかは、ランダム

とのこと。

てことは、タイタンが来てくれたりもするんですかね。

 

 

 

レガリア見つかったねーよかったねーとやっていたら、この方の登場。


f:id:osenpe:20170305213054j:image

「久しぶりだな、ノクティス」

ニフルハイム帝国のレイヴス将軍です。

と同時に、ルナフレーナの兄上でもあります。

レイヴスは帝国の属州テネブラエの出身でありながら、帝国軍トップにまでのぼりつめています。

登場したと思ったら、

「雷神の啓示を受けたか。それが何を意味するかもわからずに」と、ノクティスの喉元に剣先を突きつけました。

ご機嫌ナナメのようですね…

 

てか、王子に剣先を突きつけられる前に側近二人は動かないかんのでは??

ルナフレーナのお兄さんだし王子の知り合いだから油断したんだね。と好意的に解釈しておこう


f:id:osenpe:20170305213634j:image

王子をかばおうと動く仲間たち(遅いよ)を牽制し、王子の前に立ったグラディオラスを腹パン一発で吹っ飛ばします。王の盾の面目丸つぶれ。

 

レイヴスは「新しい王になろうというものがこうも愚かで無力だとは」となんか失望しているようす。

「ここで死ぬのが運命なら、それも仕方あるまい」と言うレイヴスとノクティス達が一触即発の雰囲気になっていると、

またこの男が出てきました。


f:id:osenpe:20170305214953j:image

アーデン宰相。

「はいはいそこまで~」

「もうここの軍は撤退させるからご心配なく」

「俺たちもオルティシエ行くんだよ。水神様に用があって。ね?」

「オルティシエでまた会おう」

的な事を言ってきました。

相変わらず何が狙いかわかりません。

水神ってリヴァイアサンのことですかね。

帝国軍は神様に何の用があるのかな?

 

レイヴスはアーデンには何も言えないらしく、急にだんまりを決め込んでそっぽをむきだしました。


f:id:osenpe:20170305215524j:image

気難しい兄上です。てか、ノクティスは婚約相手の兄ちゃんに嫌われてて大変だなー。

 
f:id:osenpe:20170305222412j:image

〜ここで説明しよう

レイヴスとルナフレーナの故郷であるテネブラエがまだ帝国に征服されていなかった頃、ルシス王国とテネブラエは交流をもっていた。

ノクティスとレギス国王がテネブラエに静養に来ていたとき、テネブラエはニフルハイム帝国に襲撃された。

襲撃の際、レイヴス・ルナフレーナ兄妹の母は命を落とす。この際、母を、祖国を助けてくれなかったとして

(レギスはレギスで息子ノクティスとルナフレーナを庇って逃走するのに精一杯だったので仕方なかった部分があるのですがね)

レイヴスはレギス国王ひいてはルシス王国を恨んでいる節がみられる。

これはFF15の映画キングスグレイブで得た知識です。

説明終わり〜

 

とりあえず、取り戻したレガリアに乗り、イリス(注:グラディオラスの妹)に会いにレスタルムの街を目指します。

続く

 

☆写真コーナー
f:id:osenpe:20170305223043j:image

後部座席でしんでるイグニス

 


f:id:osenpe:20170305223713j:image

ノクティスとグラディオラス

FF15日記⑤「壮大な話になってまいりました」

前回までのあらすじ:タイタンが消滅

 

実はこのプレイ日記を書こうと思い付いたのが3章の途中からなので、今までのいきさつの説明が若干めんどいことに気づいた。

真面目に日記見てる人もほぼいないだろうから別にいいっちゃいいのだが。

 

タイタンが消えたせいでメテオを支える人がいなくなり、溶岩やらなんやら活発化して辺りが剣呑な感じになってきました。

そこへ一隻の帝国軍飛行船が王子たちのもとへ。姿を表したのは例のアーデン。

「おれアーデン・イズニア。ニフルハイム帝国の宰相さ」

急に自己紹介をしだしました。

 

 

ここでイグニスが

帝国の宰相…!とかいってビックリしてましたが、ルシス王家の王子&側近ポジションの二人が敵国の宰相に気づかないのっておかしくないか?

一般市民のプロンプト君は知らなくてもまあ仕方ないとして。

 

とりあえずアーデンはなぜかこの場から王子一行を助けて出してくれるらしい。


f:id:osenpe:20170304233049j:image

なぜかレガリア(ノクティスたちが旅に使っている車。ノクティスの父である故レギス国王陛下の形見)が何者かに持ち去られていました。おそらく帝国軍の仕業。

道路もあちこち帝国軍に封鎖されており不便。

 

そしてノクティスたちは、なぜか身柄を拘束されることもなくフツーに付近の休憩施設チョコボポスト・ウイズにおろされました。

なんで?敗戦国の王子だよ?アーデンはなにがしたいの?

 

謎は尽きませんが、話は進みます。

ルナフレーナの飼い犬アンブラが交換日記を王子のもとに届けに来ました。

アンブラ君は、ノクティスとルナフレーナの交換日記を運ぶ伝書犬兼神の使いです。


f:id:osenpe:20170304234131j:image

ルナフレーナはどうやら無事らしい。

オルティシエという土地に先に向かってますとのこと。

すぐ会いに行くわ、とノクティスは返事を書いていました。

あとアンブラ君はかわいい

 


f:id:osenpe:20170304234640j:image

続いて、ルナフレーナのお付きであるゲンティアナが登場。彼女も神の使いです。

何十年も、容姿が変わらない模様。

アンブラ君といいゲンティアナといい、神の使い達に仕えられているルナフレーナって凄い人なんでしょうね。

 

約十年前初めて会ったノクティスとゲンティアナの会話、
f:id:osenpe:20170304235252j:image

まだ幼いノクティスとルナフレーナの会話シーンが流れます。
f:id:osenpe:20170304235223j:image

この頃のノクトはまだ「だりーわ」系の男になってなくて可愛いです。
f:id:osenpe:20170304235237j:image

これらの回想シーンを通して、

・ルシス国王はクリスタルの力を使って人々の繁栄を守っている。クリスタルを利用するだけでなく、クリスタルを守護してもいる

帝国軍はこのクリスタルの力がほしくてルシス王国を襲った模様

 

・将来はノクティスが国王の跡を継ぐ。クリスタルが国王に相応しい真の王を選ぶシステムらしい。

 

・神凪であるルナフレーナは王を全力でサポートする役回りである

的なことが何となくわかりました。

他にもなんかあったかもしれないし、ビミョーに理解がずれている部分もあるかもしれん。

 

余談ですが、FF15のアニメ「ブラザーフッド」と映画「キングスグレイブ」は面白いので見るといいです。

上の写真で幼少時ノクトが車椅子にのっているのは

魔物に大怪我を負わされ、ルナフレーナのいるテネブラエで療養中だからです。

 


f:id:osenpe:20170305001023j:image

あと、ゲンティアナは

「六神のひとり、雷神ラムウの啓示を受けなさい」と言ってきました。

チュートリアルでこの世界は六神により成り立っているという説明がありましたが、神様が話に出てくるようになってなんか壮大な感じになってきました。

ちなみに、啓示=神々が真の王に相応しいか見極めるために試練を与えたうえで力を授ける儀式らしい。

真の王は歴代王の墓巡りをして武器を集めたり、神様の力を借りるなどして力を蓄えるシステムのようですね。

タイタンにはもう会ったから、これから五人の神様のもとに順にお参りするんですかね。

 

ゲンティアナは「真の王は星々の闇を払う」みたいなことも言ってました。

 

「闇ってなんのことだろーね?」

「とりあえず帝国軍をやっつけて王都を取り戻せばいんじゃね」的な仲間同士の会話がありました。なんかフワフワしてんな…

 

☆仲間たちのフワフワ画像集☆
f:id:osenpe:20170305002216j:image

キャンプしたら発生したプロンプト君とのサブクエストです。湖にすむカトブレパスの超接近写真を撮りたい!とかフワフワした事をいうので、仕方なく付き合います。


f:id:osenpe:20170305002636j:image

カシャ

それにしてもこの王子、ノリノリである


f:id:osenpe:20170305002748j:image

チョコボにもたれて眠る王子

 


f:id:osenpe:20170305002847j:image

豪雨のなか唐突なタイミングで新レシピを閃く男、イグニス

 

みんなけっこう楽しそうでよかったです