buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

ゆかいな東京道中

今回は町田康の講演会に行くことを主目的として東京へ行ったが、

SNSで知った人と会ったり、兄と会ったり、蒲の穂を揉んで炸裂させるなどして大変充実した旅だったのでその事について申し上げる。

 

とりあえず当日はぐんぐんに気合いが漲っており、朝4時半には起床した。

犬と夫を起こさぬようにそおっと身支度する。シマシマのシャツ、サングラス、青いぺらぺらのスカジャン、紺のパンツ、スニーカーといういでたち。

特急あずさの車内ではブラインドガーディアンのbattlefieldという楽曲を聴くなどして更にふんふん気合いを入れていた。

 

まず、杉並区の喫茶店でBさんと会った。初対面である。笑顔がふんわりした方だった。飼っている犬のこととか、今まで住んだ土地のこととか話した。

Bさんとわかれて近所の神社に行ってみたところ、七五三詣りの家族づれがあふれていた。男児がきものに千歳飴の溶けただ液を垂らして、父親・祖父と思しき男性陣が「あーあ飴が。あーあ」「いかんいかん、もう坊から飴は没収だ。もう飴はお終い」などと非難がましい口調で騒いでいるかと思えば、

鳥居の砂利を敷き詰めたあたりで別の蝶ネクタイ締めた男児が砂利を拾って投げたりしており、どうも不穏な空気。

そうそうに退散する。

 

 ついで、KくんとVさんに会った。

Kくんは静かな性格らしいのはなんとなく把握していたが、想像してたのの更に5倍ぐらいテンションが低くて、言葉数は少ないが面白い人物だった。

冬服がないからとスーツ姿で現れたのもなんか面白かった。

Vさんは利発でしっかり者のお嬢さんという感じだった。黒づくめの可愛い格好だった。

 

 東京カテドラル。前衛的な教会だった。ちょうど三連休にさしかかっていたこともあって結婚式がなかで執り行われており、教会を見たかったのに結婚式の見学をしているあんばいになってしまい

気まずくておもしろかった。

 

東京ジャーミー。イスラムのモスク。

ステンドグラスやドーム状の天井の装飾がたいへんに綺麗だったが、その脇をストールを巻いた女性2人組が掃除機をガーガー遠慮なくかけてまわるので風情がなくておもしろかった。

 

代々木公園。めちゃ広くて人が多かった。じぶんは犬を飼っているので犬連れがやたら目にとびこんできた。

ドッグランも見た。人と犬でごった返しており、あすこにうちの飼い犬を投入したらケンカになるだろうか、と思案。

 

しばらく渋谷とかの人混みにびびりつつ散策して、Kくんと酒を飲んで水タバコを吸った。

色々とりとめのない話をした。

「りんご飴ってほぼりんごじゃないっすか。子供の頃祭りで食ってがっかりしましたよ」と言われたのは覚えている。

こっちは田舎なんで駅近くにできたイオンモールのことで人々の話題が持ちきりですよとか、とにかくだらだら話して楽しかった。

 

その夜は立川の兄宅に泊まり、兄とだらだら深夜2時まで駄弁って寝た。

これが1日目。

f:id:osenpe:20171105234312j:image