buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

おれを導くな。教化すな

ZINEを買ったり新しく人と会ったりするのはしばらくもういいかなという感じだ。(あなたもそうでしょう?)ツイッターは最早他愛もないポエムや言葉遊びをする場ではなくて、説教くさい独善的な持論や人生訓が蔓延る場に成り果てているらしい。

近所の河原に散歩に行くのだが、ここ最近雨が降らないこともあり川の流れが変わって水が干上がり、かつて川の流れの一部だったところが小さな水たまりとなって沢山の小魚がひっそりと取り残されていた。私はそれを見て、畢竟自分もこの小魚と同じ運命を辿るのだと思わずにはいられない。魚として生まれたからには広々とした河川や大海原を颯爽と泳ぐ自分を思い描くのが筋だろうに、俺は稚魚の段階でこの分断された小さくてきったねえ水溜りでじわじわと干上がって死ぬる。地味に。惨めに。誰が好んで自分のことをモブだと思いたいだろうか。

痛切に死にたいと願いながら夕飯にピザの出前を取る。とりあえずそんな感じで生きていけば良いのではないか。

 

先月スタジオで装着してもらった口元のピアスのラブレットスタッドを外そうとしてみたが、思っていたよりきつく螺子が締められていてだいぶ難儀をした。滑り止めに手術用のゴム手袋をはめて両手で捻ったり、スタッドを前歯で固定してボールキャッチを捻ったり、押し花用に買った先の平たいピンセットでスタッドを固定したり(本当は先細のペンチがあればよかったのだが手元になかったので)、小一時間格闘してなんとか外すことに成功した。ピアスを外してもらうためだけに原宿のスタジオまで足を延ばすのは絶対嫌だったのでホッとした。ピアスホールに力が加わったため粘膜に若干ジンジンとした痛みが出てしまったが、今後注意してケアしていこう。

 

狭っ苦しい都市の狭っ苦しい部屋に住んで食いもんとか美術個展の写真をあげて俺はイケてるんだ何故ならばイケているとされている生活様式に則って生活しているから、とそう信じ込んで自分に言い聞かせて生きていけば良いんじゃないだろうか。塵芥にまみれて。