buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

「人んちの本棚が見たい」その④

人んちの本棚を見せてもらって私が個人的に楽しくなる企画、第4回目です。

 

今回ご紹介するのはルルイエさん

(@Rlyea )です。

以下ルルイエさんのコメントはカギカッコ、地の文が私の感想です。

よろしくお願いします。

 

ルルイエさんですが、ルルイエという単語はクトゥルフ神話

(邪神が跳梁跋扈し人間を翻弄しまくるという架空の暗黒神話で、ラヴクラフトやダーレスをはじめとするパルプ・マガジンの作家仲間達が中心になって創作を行い、その神話体系をつくりあげた)

に出てくる架空の地名なので

クトゥルフ神話をはじめとする妖しげな物語群・芸術・文化などに詳しい方なのでは!?と期待してフォローしたという経緯があります。おまじない研究家でもいらっしゃるし。

 

写真いきます

 

f:id:osenpe:20180602205938j:image

馬やメロンなどの置きものが飾ってあってファンシーですね☆本取り出しにくくないすかコレ。ガサツな私が真似したらなぎ倒してめちゃくちゃにしそうです。

 

ルルイエさんの本棚ということで、ラヴクラフト全集や魔導書がないか、つい拡大して探してしまいますね。

「フフフ、どっちもありますね笑」

 

パッと目についたのがおまじないの本、タロットの本、ヘンリー・ダーガーの本、ナボコフ(有名な『ロリータ』の作者です!)の短編集と、それらに混じった料理の本たち。妖しげかつポップな雰囲気を醸し出しています。

「写真集、画集などの大型本が多いので大きめの本棚を使っています。 」

 

 

f:id:osenpe:20180602214013j:image

金子國義さんの画が特にお好きなんですね。

「中身は90年代トレヴィル系、ガーリーカルチャーを中心に、好きな作家を執拗に集めるスタイルです。 

小説は読み返さないので、本当に好きなものだけ残してます。」

私はけっこう色んな小説を繰り返し読むたちで、めっちゃ好き・まあ好き・普通・たまになら読みたいかも・合わなくてムカつくけどたまに無性に読みたくなる…という各ランクの本を網羅しておきたいタイプなので、持つ本は厳選してます!ってスタイルには興味と憧れがあります。

 

「本棚は頭の中とほぼイコールだと考えているんですが、数年前と比較して、実用書の割合が増えました。大人になったってことでしょうか…。」

そうですねえ。しみじみ。

これから本棚の中身がどのように変化していくのかも、また楽しみですね。

 

ルルイエさんありがとうございました。

今回は以上です。