buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

文字

ネットの粗い文を読むのに飽きたら

小説のよく練られた長文を読めばいいし、

叙情的な文章を甘ったるく感じて

胸焼けがしてきたのならば

新書とか学術書をよめばいい。

 

この春は読書会に参加する予定をしていて、

中島敦名人伝

中原中也の山羊の歌が課題本になっているため読む。

名古屋に遊びに行く予定もつくった。

3月は夫の会社で人事異動の発表があり、もしそれで転勤を言い渡されたら

4月1日には新しい土地に行くことになるので遊びどころじゃなくなる可能性があり、少し不安はある。

上層部が偉ぶったイヤな会社で(私も昔勤めていて厭になってやめたのでこれぐらいのことを言う権利はある。昔よりはマシになったっぽいが)

人事発表から転勤までの時間があまりないというのがこの会社のもっともクソな点の一つだと思っている。

上層部の人間が下の人間をコマのようにあっちこっち動かして自分の影響力に悦に入っているのだとしか思えない。

もっと時間に余裕を持たせての人事発表にすればいいじゃないか。何が不都合なのか。

まあいい。

ムカつくことは数え切れないが、生きていくしかないので。