buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

町田康さんの「ホサナ」刊行サイン会へ


大好きな作家である町田康さんのサイン会へ行きました。サイン会に行くこと自体初めてなので勝手がわからず緊張。

新宿駅の複雑さに四苦八苦しながら紀伊國屋書店にたどり着き…

だいぶ早めに着いてしまったのでその辺の本を眺めたり手に取ったりしたものの、気持ちが昂って心ここにあらず。

ふだんは見向きもしない小学生用のドリル・アイドル写真集・物理学の本などを無意味に手に取ったり戻したりうろついたり、

完全に怪しいヒト。

 

時間がきたので町田さんがいるイベントスペースへ。

本物だ、カッコいい~。

じぶんの番が来るまで、他のファンたちにサインを書いたり談笑したり握手したりしている町田さんの様子をガン見。

なのに、細かい服装とか眼鏡をかけてたかどうかすら今思い出せません。舞い上がってたんだな…

私の番がきました。

 荷物はかたわらのテーブルに置き、整理券と著作「ホサナ」を係員に渡す。

お手紙書いてきたんですけどお渡ししても良いですかね?と案内係に訊くと、

町田さんのそばに控えている補佐役の女性が受け取ってくれるとのこと。

芳中の犬の絵が描かれたポストカードにメッセージをしたためたものをお渡ししました。

これはどうも、と横で軽く頭を下げる町田さん。ヤッター。

 手紙に書いたのは、じぶんの家でも犬を飼っているから犬が出てくるシーンは身近に感じますとか、面白くて同じとこを何度も読んじゃうから先に進めないとか、本の感想です。

 

お願いします、と挨拶して町田さんが為書きを始めたタイミングで

「長野県から来たんです」と話しかけてみました。

「えっ?長野?」とこちらの目をまっすぐに見て聞き返して下さり、ドギマギ。

色褪せた感じの黒目と、真面目な表情が印象的で完全に舞い上がってしまいました。

「そりゃあどうも。中央線で?」

「ハイ、どうしても今回来たくて」

「いやあ、ありがとうございます」

あとは、

「途中まで読んでるとこなんですけど、とても面白いです」

「ありがとうございます」

「(補佐役の女性)どこまで読まれました?」

「バーベキューのシーンを繰り返し読んでる感じです」

「(町田さん&周りのお付きの人たち)うん、うん」

にこにこ。

最後は町田さんから右手を差し出して下さり、握手させていただきました。

暖かかった~。私の手は緊張で冷え冷えだったので恥ずかしかった…

 



f:id:osenpe:20170607233513j:image

サイン。宝物です。

 

ホサナ(聖書関係の言葉で、私を救ってください、というような意味だそう)は

愛犬家が集うバーベキューが発端で

主人公とその犬が不条理な世界に巻き込まれる、みたいなストーリーで人の普遍的な苦悩、業、そんなものが描かれている感じです。

読み終わったら感想かいてみます。たぶん。