buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

文章など

ツイッター

「人生で何が起きても全て人生上の演出です、と言って済ませればオールオッケー」

みたいなことを言ってる人がいていいなーと思った。

 

町田康のホサナを読んでいる。

導入部分は愛犬家たちがドッグランでバーベキューをするところから始まっていて、犬を飼っている身としては心を掴まれた。

ただ、めちゃ分厚い本なので読破するのには時間がかかりそう。帯に書かれた

「俺はどんな世界も作りたくない。どんな世界も作らないことが俺の目標だよ。ほおっておくと世界が作られてしまうからな」

という一節が印象的だ。

 

じぶんの志向として、やはり文章に触れるのが好きなんだと思う。

もっと文章に触れるにはどうしたらよいだろうか。読書、ツイッター、ブログは続けるとして、他になにか刺激がほしい気もする。

翻訳か校正の勉強をしたら面白いだろうか。漢字検定の勉強をしても良いかもしれないと思っている。