読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

初夏の匂い

いつもこの季節が来ると、どこからともなく東洋的な花の匂いが漂ってくる。

夏の到来を感じる。

 

今までのぼくなら「ああいい匂いだ」で終わらせるところだが、今年の儂はひと味違う。ちゃんと花の名前を調べますよ。

って、一人称が滅茶苦茶や。

 

f:id:osenpe:20170520220300j:image

ニセアカシア

ずいぶんな名前だと思う。本アカシアと偽アカシアのどちらが本家かなんて、

人間の都合じゃないか。

と思ってニセアカシアの本来?の名前を調べると、ハリエンジュ(針槐)という名前がちゃんとあるらしい。

でも、残念ながらニセアカシアという名前に親しみすぎているので、

私はこれからも針槐のことをニセアカシアと呼ぶのだろうなあ。

 

冬の間散歩するときは、ニセアカシアの刺々した枝が通路に伸びていて

ずいぶん危ない植物だなぁと気を悪くしていたのだが、こんなにいい匂いのする花がつくのだからいいや。刺々してても。

という風に宗旨替えをした今日この頃。

 

ニセアカシアの花をとってきてカメにあげたら、ムシャムシャ食べていた。

(葉っぱとかには毒があるが、花は食用にしてもよいらしい。)

蜜が入っていて旨いのかもしれない。