buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

ホコリをかぶった文集のような

高校の頃は文芸部にいた。

何回か文集が発行され、それに短文を書いたりした。

文集はたいてい教室のロッカーの上にポツンと置かれていて、誰からも忘れられたような風情を漂わせていた。

どれぐらいの人が読んでくれていたのかすらわからない。

でも、読み手がいようといまいとあまり気にしていなかった。文を書くことや、それが印刷されて冊子になること自体が面白かったので。

私がどんな文を書いていたかというと、香水を飲んで生きる人造人間の小話とか、嘔吐恐怖症の事とか、映画のタイトルについてとか書いていた。

他の人はとても短い詩を書いたり、長野まゆみっぽいラブストーリーを書いたり、

色々だった。

誰も手に取ることなく忘れられた文集、ペラくて青い表紙の。

情景としてはなかなか悪くない。