buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

FF15日記⑥「雷神ラムウは好々爺」

前回までのあらすじ:雷神ラムウの啓示を受けることに。

 

ラムウの啓示を受けるには、とりあえず石碑に触れて回ればいいらしい。

ラムウとも戦わなきゃなんですか?ドキドキ。

最後の石碑を探して洞窟のダンジョンを探索していると、ナーガという蛇女のような怪物があたしの子供知らない?と訊いてきました。
f:id:osenpe:20170305204844j:image

全然知らねーし、と答えると「じゃあお前をアタシの子に…!」とか言ってきて戦闘になりました。

ノクトたちはいいかげんレベル上げすぎなので、たいして苦戦もせず。

ナーガは「子供を返して…」と言いながら消滅しましたが、これ何か物語の伏線ですかね?

その他の雑魚敵、特筆することなし。

 


f:id:osenpe:20170305210052j:image

最後の石碑に触れたら、雷神ラムウから力を授かりました。というメッセージが。

あ、戦わなくていいのね…ほっ。

ラムウは友好的な性格の神様らしい。

タイタンに会いに行ったというルナフレーナは、ラムウとも会ったんですかね。

 

ラムウの啓示を済ませたあと、レガリアは帝国のとある基地(名前は失念)に保管されているとのタレコミを受け、

ノクティスたちはレガリアを取り返すため基地に潜入します。


f:id:osenpe:20170305212339j:image

これは基地潜入前にキャンプで作戦をたてるノクティスたち。

 

実際やったことは帝国兵を蹴散らしたり、基地のエネルギー装置を破壊したり、レガリアを奪還したり、です。

まったく個人的な感想ですが、マップで迷いすぎて画面酔いするわ夜が明けるわでちょっと疲れました。ゲームがどうとかじゃなくて、私個人のゲームの下手さの問題ですね。

攻略本見ながらでも迷うって、相当です。

 

最後の戦闘で、「雷神ラムウが力を貸したがっているようです」とメッセージが出て、ラムウを召喚して攻撃ができました。


f:id:osenpe:20170305215926j:image

ラムウは髭の長いお爺ちゃんぽい見た目をしています。このムービーは迫力あって見ごたえありでした。

本作では、

・神様は気まぐれに力を貸してくれる。プレイヤーが召喚したいタイミングで呼べるわけではない。

・神様が力を貸したがっているときは辺りの空気がなんか紫っぽくなるのでわかる

・どの神様が来てくれるかは、ランダム

とのこと。

てことは、タイタンが来てくれたりもするんですかね。

 

 

 

レガリア見つかったねーよかったねーとやっていたら、この方の登場。


f:id:osenpe:20170305213054j:image

「久しぶりだな、ノクティス」

ニフルハイム帝国のレイヴス将軍です。

と同時に、ルナフレーナの兄上でもあります。

レイヴスは帝国の属州テネブラエの出身でありながら、帝国軍トップにまでのぼりつめています。

登場したと思ったら、

「雷神の啓示を受けたか。それが何を意味するかもわからずに」と、ノクティスの喉元に剣先を突きつけました。

ご機嫌ナナメのようですね…

 

てか、王子に剣先を突きつけられる前に側近二人は動かないかんのでは??

ルナフレーナのお兄さんだし王子の知り合いだから油断したんだね。と好意的に解釈しておこう


f:id:osenpe:20170305213634j:image

王子をかばおうと動く仲間たち(遅いよ)を牽制し、王子の前に立ったグラディオラスを腹パン一発で吹っ飛ばします。王の盾の面目丸つぶれ。

 

レイヴスは「新しい王になろうというものがこうも愚かで無力だとは」となんか失望しているようす。

「ここで死ぬのが運命なら、それも仕方あるまい」と言うレイヴスとノクティス達が一触即発の雰囲気になっていると、

またこの男が出てきました。


f:id:osenpe:20170305214953j:image

アーデン宰相。

「はいはいそこまで~」

「もうここの軍は撤退させるからご心配なく」

「俺たちもオルティシエ行くんだよ。水神様に用があって。ね?」

「オルティシエでまた会おう」

的な事を言ってきました。

相変わらず何が狙いかわかりません。

水神ってリヴァイアサンのことですかね。

帝国軍は神様に何の用があるのかな?

 

レイヴスはアーデンには何も言えないらしく、急にだんまりを決め込んでそっぽをむきだしました。


f:id:osenpe:20170305215524j:image

気難しい兄上です。てか、ノクティスは婚約相手の兄ちゃんに嫌われてて大変だなー。

 
f:id:osenpe:20170305222412j:image

〜ここで説明しよう

レイヴスとルナフレーナの故郷であるテネブラエがまだ帝国に征服されていなかった頃、ルシス王国とテネブラエは交流をもっていた。

ノクティスとレギス国王がテネブラエに静養に来ていたとき、テネブラエはニフルハイム帝国に襲撃された。

襲撃の際、レイヴス・ルナフレーナ兄妹の母は命を落とす。この際、母を、祖国を助けてくれなかったとして

(レギスはレギスで息子ノクティスとルナフレーナを庇って逃走するのに精一杯だったので仕方なかった部分があるのですがね)

レイヴスはレギス国王ひいてはルシス王国を恨んでいる節がみられる。

これはFF15の映画キングスグレイブで得た知識です。

説明終わり〜

 

とりあえず、取り戻したレガリアに乗り、イリス(注:グラディオラスの妹)に会いにレスタルムの街を目指します。

続く

 

☆写真コーナー
f:id:osenpe:20170305223043j:image

後部座席でしんでるイグニス

 


f:id:osenpe:20170305223713j:image

ノクティスとグラディオラス