buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

<宗教全般>

宗教と哲学について考えた

今回主に参考にさせてもらったブログ: 『哲学』と『宗教』の違いとは何か?:マルクス主義の挫折と『近代』という思想哲学の到達点 カウンセリングルーム:Es Discovery/ウェブリブログ 宗教と哲学の共通点は、いずれも「真理を追い求め、人が生き、考え、…

なんだか敬虔な気持ちだわ。

私はキリスト教徒ではないが、キリスト教には興味がある。 なぜならば自分が面白いと思う小説、絵画、音楽、ゲーム等のなかに聖書・キリスト教関係の題材が取り入れられている事が多いからである。 いま思いつくままに並べると、書籍(小説家)なら太宰治、…

旧約聖書の『ヨブ記』を読んで・・・応報思想の超克

信心深く、道徳的にも非の打ち所のない義人・ヨブに、神が与える災難の数々。 なぜ罪の無い人が災いを受けねばならぬのか という、古今東西問わず多くの人々が抱いてきたであろう疑問に対するひとつの答えが、本書には秘められている。 我々はラッキーな事が…