buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

<外出>

人に会えたので良かった

ずっと会いたかった友達2人に会ってきた。 いつ死ぬかわからないので、会いたい人にはどんどん会っていこうと思う。 思い出深い日になりそうだから後で自分で読み返して楽しめるように上手に文章にまとめたいと思ったけど、なんか気持ちが上滑りする感じでう…

名古屋へ

私はむかし数年間名古屋市の名東区に住んでいた。 しばらく会っていない友人を訪ねて名古屋に行ってきた。 ショッピングモール、星が丘テラス。 栄とか名古屋駅周辺は人が多すぎて萎縮してしまうので、 程よく都会的で閑散としている星が丘テラスは私の憩い…

町田康さんとの読書会 in 大磯 (中原中也の詩集) ④

かいつまんでいうと、 詩人の現実の出来事と作品を短絡的に結びつけずに自由に詩を読もう。 国語のテストにありがちな「この文における作者の意図を考えよ」なんていう問いは笑止千万! 詩よむ時は作者の意図に沿うことに固執せず、 自分で新しい読み方をし…

町田康さんとの読書会 in 大磯 (中原中也の詩集) ③

で、いよいよ中原中也の詩を読んでいく訳だが 課題本が二冊もあるし、数をガンガンこなしていくのかなと思いきや ひとつ、ふたつの詩をかなりじっくり読み解いていく感じだった。 読書会の設定時間はだいたい90分だったが、一時間で4行しか読み進まないとい…

町田康さんとの読書会 in 大磯 (中原中也の詩集) ②

まずはじめに、今回の話の流れについて説明があった。 1.詩人の人物像は知っていた方がいいのか 2.詩はどうやって読めばいいのか 3.詩はどうやって生まれてくるのか 以上3点。 1.については、町田さん自身は詩を鑑賞するにあたってはどうでもいいと思ってい…

町田康さんとの読書会 in 大磯 (中原中也の詩集) ①

町田康さんを囲んでの読書会が大磯でひらかれるというので、 町田康ファンの私は松本から片道4時間かけて大磯を目指した。 (以前町田さんの講演会を聴きにいったことがあるが、 町田さんの話はめちゃめちゃ面白いので今後そういう機会に恵まれた人は ぜひみ…

ゆかいな東京道中・2

風が強くて職場の廊下にも頭の中にも 落ち葉が侵入してくる。 二日目。 町田康の講演が行われる中央大学多摩キャンパスへ。 町田康の講演が聴けるという事しか頭になかったが、要は学祭の一環として著名人が招ばれたということらしい。 学祭の騒々しい雰囲気…

ゆかいな東京道中

今回は町田康の講演会に行くことを主目的として東京へ行ったが、 SNSで知った人と会ったり、兄と会ったり、蒲の穂を揉んで炸裂させるなどして大変充実した旅だったのでその事について申し上げる。 とりあえず当日はぐんぐんに気合いが漲っており、朝4時半に…

沖縄への帰省

まず、母親がだいぶ老いたなあと感じて切なくなりました。もっと会いに来たり、電話で話そうと思いました。 まず、飼い犬のタローをブリーダーさん宅で預かってもらいました。 車で羽田空港に行く途中道を間違えまくって、最初乗る予定だった飛行機に遅れ、…