読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

FF15日記③「タイタンに会いに行こう」

サブクエストでモンハンごっこするのも飽きてきたので、メインストーリーを進めることに。


f:id:osenpe:20170226234613j:image

地震が頻発し、その度に頭痛に襲われるノクティス。

「巨神タイタンが王子さまを呼んでるんだよ。俺が案内するからついてきて」という胡散臭い男、アーデンに付いていくことに。


f:id:osenpe:20170226235215j:image

サブクエスト三昧の王子たちを数週間待ったヨ~byアーデン

 

タイタンは、この地方ではメテオ(隕石?)が地上に墜ちないように支え続けている巨神。

アーデンがドライブする車をレガリアで追っかけます。


f:id:osenpe:20170226235510j:image

「俺の車から離れすぎたらゲームオーバーね。あと追突しちゃダメだよ」てなことを云われます。

よっしゃ!追突しちゃる!

と思ってアクセルをベタ踏みしましたが、追突したり追い越したりできないようになってました(ツマラン

 

道中「あのオッサン怪しいよね」

「メテオの近くって熱いよね?カメラ持ってって大丈夫かなぁ」

「イグニスのメガネは熱とか大丈夫なの」

とお気楽な会話をかわす一行。

呑気すぎる…


f:id:osenpe:20170227000220j:image

途中で「疲れたから休もう」とアーデンが提案してくるので、レストストップで一泊。

寄り道しまくりなのでレベル、結構上がってます。


f:id:osenpe:20170227000633j:image

レストストップでラジオ放送を聴く人々に近づくと、ノクティスの婚約者であるルナフレーナが各地を回って傷ついた人々を不思議なパワーで癒してまわっているという映像が見られます。

ルナフレーナはテネブラエ国の姫。

"神凪"という、神々と人々の仲立ちをするという巫女的な役割も司っています。

神凪には傷ついた人を癒す力もあるのですね。

ルナフレーナはルナフレーナで、神凪としての使命を帯びていろいろ活動しているようです。

かつてルシス王国とテネブラエは友好関係にあり、ノクティスとルナフレーナは幼い頃仲良く交流していたが、ニフルハイム帝国がテネブラエを侵略し属国としてからは直接会うことがかなわず、以後12年間交換日記で交流し続けてきたという背景があります。

政略結婚と思いきや、相思相愛のピュアな絆で結ばれた二人なのです。

ラジオでルナフレーナの動向を聴いて仲間たちも「ノクト~ルナフレーナ様と結婚するんだろ?しっかりしろよ~」とノクティスを煽っていました。あ、ノクトはノクティス王子の愛称です。

続く

今日の1枚


f:id:osenpe:20170227002722j:image

仲良ぴ

女性機能が弱りまくっているとのこと

もともと生理不順、多嚢胞卵巣などの不具合があって婦人科に通っているのですが、

ピルを飲んでいても生理がこなくなってしまいました

医師曰く、そうとう女性としての自律機能が弱っているのではないか…とのこと。

自律機能ってのは、バランスよくホルモンを分泌したりとか、そういうことです。

原因はストレスとか不規則な生活とか言われてますが、そういう不具合が一番対処に困りますね〜

自覚している限り、ストレス無いしわりと規則的に生活してると思うんだけど。

生理が来るまでピルを休薬して、様子を見ることになりました。

あとは子宮の超音波検査を受けました。

次回の診察は1ヶ月後です。

FF15日記②「カトブレパスって食えるの?」

前回までのあらすじ

「王子からハンターに転職します」

 

メインストーリーは祖国を敵国から奪還するために力を蓄えましょう、具体的には歴代王の墓をめぐって伝説の武器を集めましょう、

あと巨神がなにか王子に伝えたい事があるみたいです

というところで止まっています。

 

サブクエストでカトブレパスを退治しました。



f:id:osenpe:20170223225806j:image

レストランの店主が、カトブレパスの肉を持ってきたら新メニューを考えてあげるよ!と言ってきたので…カトブレパスと言えば、邪視を持つという伝説上の生き物です。

他のファンタジー作品にもちょいちょい出てくる怪物です。

そんなやつの肉を食用にして大丈夫なんでしょうか。

HPが多いので倒すのに多少時間がかかりますが、ひたすら足元で攻撃していたら倒せました。邪視を持ってるからといって特に石化させてくることはなかった。

 


f:id:osenpe:20170223225751j:image

あとはキャンプでイグニスの朝食作りを手伝うイベントがありました。

それぐらいかな…メインストーリー進めるまで特に日記に書くこと無さそうだな。

 

今日の1枚


f:id:osenpe:20170223232022j:image

フラッシュたいて下さい

FF15・日記①「なんかモンハンみてえ」

FFシリーズの作品をプレイするのは今回が初めてなので戦闘システムが過去作ではどうだったのか知らないが、

FF15の戦闘はアクション形式です。

今までやったRPGの戦闘は、プレイヤーが味方キャラに使う魔法や攻撃のしかたを指示して、

味方の攻撃ターン→敵の攻撃ターンと順番に進行していくものばかりだったので新鮮です。

ただ、私はアクションゲームが苦手…

テクニックとか瞬発力がないので攻撃ボタン連打&回復アイテム使いまくりでゴリ押ししています。


f:id:osenpe:20170221233046j:image

目まぐるしくかわる画面を見るのもちょっと苦手で、すぐ自分がどこにいるのかわからなくなります。

初心者は操作パターンBがいい、ガードボタンを押しっぱなしで行動できるから。というアドバイスをネットで見たので、その通りにしています。確かに初期の操作パターンAより安定して、死にそうになることが減った気がする。


f:id:osenpe:20170221233356j:image


f:id:osenpe:20170221233410j:image


f:id:osenpe:20170221233421j:image

ゲームの画面はプレイヤーがスクショをとることもできますが、今作では仲間のプロンプトが写真を撮ってくれます。

戦闘中の写真も結構撮られてる。ずいぶん余裕あるわね。

 

今のところ、「畑を荒らす野獣を倒して!」「野菜を収穫してきて」などと街の人に依頼され野獣を狩ったり野菜を探したりする日々が続いており、モンハンをやっている気分です。食事でパラメータをアップさせるところも似ている。モンハン好きなので、これはこれで楽しい。

とうとう「ハンターさん」と街の人から呼ばれるようになってしまいましたが、王子さまですからね?国が敵に攻めいられてヤバイ状態ですからね?今のところ、王都を奪還して立派な王様になるビジョンは全く見えませんけど…

 

今日の1枚


f:id:osenpe:20170221235515j:image

自分以外の運転だと安心できないイグニス

FF15・これまでの流れ

主人公のノクティス王子がいるルシス王国はニフルハイム帝国と敵対しています。

ルシス王国→レギス国王が魔法の力を使って治めている。平和志向な感じ。ニフルハイム帝国に圧され気味。

ニフルハイム帝国→軍事力強化にちからを入れており、とにかくまわりの国をどんどん攻めて屈伏させるぞ!なスタンス。

 

ニフルハイム帝国はルシス王国に停戦条約の締結を持ちかけますが、それはルシス王国をモノにしようと企むニフルハイム帝国の罠であり、条約の調印式の会場であるルシス王国の王都インソムニアでニフルハイム側は武力を行使。

王都は陥落し、レギス国王は戦死します。

 

もともとニフルハイム-ルシス停戦協定の一環で、ニフルハイム帝国の属国テネブラエのお姫様と結婚するために旅に出ていたノクティス王子一行でしたが、ちくしょう!力を蓄えてニフルハイムから王都を取り返してやるぜ!と奮起します。


f:id:osenpe:20170221130323j:image

のですが、私はメインのストーリーを進めずにサブクエストをしまくっているところです。市場で食材の調達をしたり、

モンスターを退治したり


f:id:osenpe:20170221130543j:image


f:id:osenpe:20170221130606j:image

チョコボを見に行ったり、


f:id:osenpe:20170221130643j:image

生物学者にお願いされてカエルを捕獲したり…

祖国が大変なわりに呑気すぎやしませんか?と不安になります。

 


f:id:osenpe:20170221130944j:image

放置しているメインストーリーがこちら。

奥の車のところにいるアーデンという人が

「巨神が王子さまを呼んでるみたいだから、ついてきて」と言っているのに

かれこれ1週間放置しています。

アーデンキレてると思います。

FF15(ゲーム)のプレイ日記をつけることに

最近やっているファイナルファンタジー15(FF15)というロールプレイングゲームのプレイ日記を記録することにしました。

最近は食べる寝るゲームが心の支えです…


f:id:osenpe:20170221084051j:image

ルシス王国のノクティス王子(後部座席で格好つけて座っている人)が主人公です。

仲間四人で旅をしています。

仲間キャラクターメモ

イグニス…王子の側近・世話係。メガネ。面倒見がよくてお母さんっぽい

グラディオラス…王の盾と呼ばれる王族の護衛を任された一族の人。王子の護衛係。豪快でざっくばらんな感じの人。でかくていかつい。

プロンプト…仲間で唯一の一般市民。ノクティスの高校時代からの友達。お調子者っぽいが優しくて気を遣うタイプ。金髪。

ノクティス…ルシス王国の王子。あまり王子っぽくない。事あるごとにだるそうにしたり、今風の若者って感じだが、頼まれごとを断れなかったりお人好しな面がある。野菜嫌い。

つづく

人各種

朝、コーヒーチェーン店で休んでいると

たまに見かける人がいる。

その人は40、50代とおぼしき男性で、

入ってくるとハキハキした声で

「精神科のリスパダールの薬を飲むもんで、ぬるま湯ください」

と店員に話しかける。

そして、テーブルでビニール袋をがさがささして薬を飲む。

たいてい、

「精神科のリスパダールの薬を飲むもんで、ぬるま湯もう一杯ください」

とおかわりを頼む。

で、荷物をまとめるとまたハキハキした声で

「ありがとうございました」と2回ほど言って去っていく。

 

それだけのことで、とくになにか感想がある訳では無いのだが私はなんとなくその人のことを覚えてしまった。

生活の秘訣メモ

いくつもの世界を作って分散させること。

けっして集中しないこと。

フィクションの価値を理解すること。

髪を束ねるのにバナナクリップを使うと頭が痛くならない

昔から、髪をゴムやバレッタでとめると髪の毛と頭皮が引っ張られて緊張するのか、頭痛が起きるのが悩みでした。

それがバナナクリップの導入によってあっさり解決しました。

 

f:id:osenpe:20161201224009j:image

f:id:osenpe:20161201224028j:image

ゴムで縛るよりはゆったりとまとめて挟む感じなので、髪と頭皮にかかる力が弱いんだと思います。

身の回りのこういう小さな不快感を改善して、少しずつ快適さを追求するのが生活する上で重要な気がしました。

 

f:id:osenpe:20161201224645j:image

お気に入りの小物いろいろ。