読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

FF15(ゲーム)のプレイ日記をつけることに

最近やっているファイナルファンタジー15(FF15)というロールプレイングゲームのプレイ日記を記録することにしました。

最近は食べる寝るゲームが心の支えです…


f:id:osenpe:20170221084051j:image

ルシス王国のノクティス王子(後部座席で格好つけて座っている人)が主人公です。

仲間四人で旅をしています。

仲間キャラクターメモ

イグニス…王子の側近・世話係。メガネ。面倒見がよくてお母さんっぽい

グラディオラス…王の盾と呼ばれる王族の護衛を任された一族の人。王子の護衛係。豪快でざっくばらんな感じの人。でかくていかつい。

プロンプト…仲間で唯一の一般市民。ノクティスの高校時代からの友達。お調子者っぽいが優しくて気を遣うタイプ。金髪。

ノクティス…ルシス王国の王子。あまり王子っぽくない。事あるごとにだるそうにしたり、今風の若者って感じだが、頼まれごとを断れなかったりお人好しな面がある。野菜嫌い。

つづく

人各種

朝、コーヒーチェーン店で休んでいると

たまに見かける人がいる。

その人は40、50代とおぼしき男性で、

入ってくるとハキハキした声で

「精神科のリスパダールの薬を飲むもんで、ぬるま湯ください」

と店員に話しかける。

そして、テーブルでビニール袋をがさがささして薬を飲む。

たいてい、

「精神科のリスパダールの薬を飲むもんで、ぬるま湯もう一杯ください」

とおかわりを頼む。

で、荷物をまとめるとまたハキハキした声で

「ありがとうございました」と2回ほど言って去っていく。

 

それだけのことで、とくになにか感想がある訳では無いのだが私はなんとなくその人のことを覚えてしまった。

生活の秘訣メモ

いくつもの世界を作って分散させること。

けっして集中しないこと。

フィクションの価値を理解すること。

髪を束ねるのにバナナクリップを使うと頭が痛くならない

昔から、髪をゴムやバレッタでとめると髪の毛と頭皮が引っ張られて緊張するのか、頭痛が起きるのが悩みでした。

それがバナナクリップの導入によってあっさり解決しました。

 

f:id:osenpe:20161201224009j:image

f:id:osenpe:20161201224028j:image

ゴムで縛るよりはゆったりとまとめて挟む感じなので、髪と頭皮にかかる力が弱いんだと思います。

身の回りのこういう小さな不快感を改善して、少しずつ快適さを追求するのが生活する上で重要な気がしました。

 

f:id:osenpe:20161201224645j:image

お気に入りの小物いろいろ。

沖縄への帰省

まず、母親がだいぶ老いたなあと感じて切なくなりました。もっと会いに来たり、電話で話そうと思いました。

 

f:id:osenpe:20161122235052j:image

まず、飼い犬のタローをブリーダーさん宅で預かってもらいました。

 

車で羽田空港に行く途中道を間違えまくって、最初乗る予定だった飛行機に遅れ、後の便で発つというアクシデントに見舞われました。

 

f:id:osenpe:20161122235427j:image

祖母の家の外観です。

 

f:id:osenpe:20161122235504j:image

実家の庭のバナナです。

 

f:id:osenpe:20161122235540j:image

親戚宅のドラゴンフルーツです。こんな風になるんですね。

 

f:id:osenpe:20161122235619j:image

親戚宅の犬です。

 

f:id:osenpe:20161122235642j:image

あまり時間がなく、観光っぽいことといえば沖縄市あたりのミニミニ動物園という胡散臭い動物園に行ったのと、知花城址というマニアックな城あとに行ったぐらいです。

この知花城址というのが怖くてですね、密林ぽくて鬱蒼としているし、ひとけがない上に何かの儀式なのか一定間隔で道に白い粉がまかれていて、誰が何の目的でやってるのか不明で不気味でした。

沖縄の友人にミニミニ動物園と知花城趾に行った話をすると「なんでまたそんなマニアックなとこに行ったんだ。知花城址ってオバケが出る噂があるよ」

と笑われました。

観光スポット巡りが苦手なんですよね。

これはこれで面白かったんですけど、次は首里城とか識名園とか中城城址とか勝連城址とか、もっとメジャーどころに挑戦したいところです。

 

f:id:osenpe:20161123000712j:image

実家にあったノリタケのティーカップで飲んだお茶。

 

f:id:osenpe:20161123000756j:image

友達からもらったゴッホのフェイスパック、、

 

f:id:osenpe:20161123000828p:image

ブルーシールアイス。ほんとはオレンジシャーベットが一番好きなんですけど、パレットくもじ店とか那覇空港ブルーシールアイスには置いてなかったんですよね。残念。

 

f:id:osenpe:20161123001004j:image

沖縄のファーストフード、A&Wのオレンジジュース。好きなんです。ルートビアなんか有名ですね。

 

友達と会ったのは、新都心のメインプレイス。久々に新都心行ったけど、国際通りより栄えてる感じがありました。

友達2人とは2日続けて会ってもらえて、マリノでゴルゴンゾーラと蜂蜜のピザを食べたり、東急ハンズで室内用プラネタリウム見たり、展示されているスノードームをいちいちひっくり返したり、焼き鳥をたくさん食べたりしました。

 

f:id:osenpe:20161123001110j:image

那覇空港の飛行機の様子。

 

f:id:osenpe:20161123001434j:image

シュウウエムラのクレンジングオイルが好きなのですが、空港の免税店でミニサイズの詰め合わせを発見して思わず買ってしまいました。これ、旅行用に持ち運ぶのに便利なんですが、普通の店舗には売ってない…ですよね?たぶん。

普通の店舗やオンラインストアで買えたらいいのに。

 

f:id:osenpe:20161123001807j:image

再会したタロー。大喜びで甘えてきました。

バランス

バランスを取るためにはじっとして何もしないんじゃダメで、常に動き続けていなければならない。

とにかく、小刻みにでも頭や体を動かしてなにかに働き掛けていくこと。

20161117

朝はたくさんサプリメントや薬の錠剤を飲む。

サプリメントチロシントリプトファン、ビタミンC。

薬は鼻炎薬、酔い止め、抗鬱剤

たまに飲んでいる途中で喉が反発してオエッとなる。

何が体のどこにどう効いているのかわからないが、とにかく仕事には行けている。それで良しとするしかない。

 

高尚な生活でなく、放埒な生活にこそクラシック音楽は調和するんじゃないかとふと思った。

 

最近、電子書籍ってそんなに悪くないかもしれないと思っている。

もともと紙の本が好きで、ハッ、電子書籍なんざ…というスタンスだったのだが

紙の本は紙の本で、電子書籍電子書籍で読み分ければいい気がしてきた。

いまはiPhoneKindleアプリを入れて電子書籍を読んでいるが、なにせ画面が小さくて読みづらいので、電子書籍を読む専用端末が欲しくなっている。

Kindle paperwhiteを買おうかなと思う。

20161116

ブコウスキーの「ポスト・オフィス」を読んでいて、次の一節が目にとまった。

「タクシー運転手やポン引きやクスリの売人になれない奴がいるように、郵便局員になれない奴は大勢いる。それは別にそいつらのせいじゃない。」

細かい単語は違っているかもしれない。

ブコウスキーの文の良さは、明け透けで、簡潔で、素っ気ないところだ。

 

フランス式の表編みと裏編みがなんとかできるようになった。

なかなか目が綺麗に揃わないけど、慣れないのである程度仕方ないだろう。

ハンドウォーマーを編んでいる。

寒いうちに完成しますように。

f:id:osenpe:20161116233310j:image

20161115

朝。昨夜寝る前の過ごし方がうまくいかなかったみたいで、いまいちな気分だ。

編み物の練習をしているが、アメリカ式のやり方だとゴム編みがうまくできないというので引っかかっている。

面倒臭いけど、フランス式の編み方を練習したほうがよさそうだ。

編み物の指南本やインターネットサイトはなんでどれもこれも不親切なんだろうか。あまりにも省略しすぎていて、わかりやしない。

 

カフェでイチゴのアイスティーを飲みながら文庫本をちょっと読み、鼻炎薬を飲んだ。毎朝鼻炎薬を飲まないと仕事中に鼻水がタラタラ垂れてきて厄介なことになる。

今日の仕事はタンパク質の精製と濃度測定。

たっぷり時間をかけてボトル1本分の上澄みをあれやこれやして、ちっこいチューブ1本にまとめる。心もとない仕事だ。と言って、今の仕事が気に入っていないわけではない。

朝の自由時間のなんと短いことか。