buried alive (生き埋め日記)

日々の生き延び・魂の暴れを内省的にメモる。

20161113

山奥のアウトレットモールへ行った。

アウトレットモールはどこもよく似ている。何か買うものもがなと探してみるが、モノの多さに途方に暮れてしまい、

クレープやらサンドイッチやらを食べただけで満足して手ぶらで帰ることになる。いつもそうだ。

だからといって、アウトレットモールが嫌いなわけではない。アウトレットモールは好きだ。

f:id:osenpe:20161113152133j:image

古本屋で買ったブコウスキーの本が届いた。

f:id:osenpe:20161113152532j:image

20161112

金曜のことを記す。

掃除当番だったので、早起きして1時間早く職場に行った。

べつにどの時間帯に掃除してもいいのだが、私は人がいっぱいいるときにひとりで掃除をするのが緊張してしまい苦手なので、当番の時は早朝することにしている。

早起きすると気分がよくて、掃除が終わった後に調子をこいてドルチェグストで抹茶を飲んだうえに、タリーズで紅茶を飲んだら一日中おしっこがメチャ近くなり心臓もバクバクになってしまった。

カフェインに弱いのだ。

タリーズでは最近入った新人のアルバイトが店長から客の注文は復唱すること、プリペイドカードの入金は修正がむずかしいことなど色々説明を受けており、私もレジ近くの席に座りながらなるほどなるほど〜と思いながら聞いてた。

 

 

ブコウスキーの昔の本を色々探しているのだが、和訳されているものはオンラインの古本屋でも欠品していたりする。

少しずつ集めていけたらいいなと思う。

f:id:osenpe:20161112222040j:image

これは最近getした本。相変わらず無頼でぶっきらぼうなブコウスキー節。よい。

 

20161110

「おれには大いなる野心なんてものはないが、そんな人間にだって居場所があってもいいはずだ。」

これは、ブコウスキーの勝手に生きろ!に出てきた一節。

ブコウスキーの勝手に生きろ!読んだことある?主人公がケジラミに罹って軟膏とコンドーム買って、コンドームを開封してすぐに側溝に捨てるシーン、最高。

性愛をとっておきのもののように語る本より、くだらなく滑稽に書く本が好き。

村上春樹が嫌いなのは、登場人物がセックスはするけど絶対ケジラミに罹ったり痔になったりなんかしないから。

 

昼休みは車の中に逃げ込んで本を読んだ。松本は曇りでとても寒くて、コートを着込みガタガタ震えながらガマンして読んだけど、20分ぐらいで音をあげた。

 

SNSで見栄えのする写真って、とても嫌な概念だと思う。

路上の野良猫、どんぐり、食いもん、レトロな看板。ああ、いやだいやだいやだ。猫の写真は別にいいよ。猫が好きで写真を撮るんじゃなく、ツイッターとかインスタとかにあげたらウケそうだなという心の動きが耐えられないってこと。

 

 

20161108

f:id:osenpe:20161108234117j:image

20年ぶりぐらいに編み物を再開した。

まずは簡単なアクリルたわしから。

20161107

19時過ぎから20時過ぎにかけて犬の散歩に行ったが、スマホを携行していなかったので夫の自転車がパンクしたから迎えに来てほしいというメールに気づかなかった。

夫は結局徒歩で帰宅した。どうせ寝ていたんだろうと言われて気が悪かった。

こんなタイミングで散歩に出てしまい、かつスマホをチェックしない自分の間の悪さに腹が立った。

もっとうまく立ち回りたい。ウソ。そんなことどうでもいいからずっと寝ていたい以外の欲望は無い。

 

裕福でいろんなところに連れて行ってくれる家の室内犬になりたいと思った。

人間として生きるのは責任が多すぎる。

 

小布施で買った栗を煮て食べた。

夫が渋皮煮を作ってくれた。

 

昔はやり取りをしていたのに、最近では疎遠になってしまった人たちのことを少し考えてから、スマホで日記を書いて、寝た。

イライラすることをされてイライラするなと言われるそのこと自体にイライラする。

イライラして欲しくないならこっちがイライラするようなことをしてくんな

最近のおれは

少し前まで、ブログには立派なことを書かないと体裁が悪いと思っていたが、(難しい本を読んだ感想とか)

今はもっと気楽に日記みたいに書こうと思っている。

20161103

携帯屋に行ってスマホを修理してもらおうと思ったら、名義人が実家の母親なので連絡がつかなくて修理に出せなかった。

ロイヤルホストでチキンステーキを食べた。

昼寝をたくさんした。白痴みたいな生活。

保坂和志読んでみようかな

最近他の人のブログで言及してもらって嬉しかった。

 

私が生きるのがつらい旨の記事をよく書くこと、生きるのがつらいといったブログを書く人はえてして記事を更新しなくなり消えていくものだが

私はちょこちょこ記事を更新するので見てて嬉しい、ただ自分は人生のつらさがわからないのでなんの力にもなれないが。と書かれていたのが良かった。

 

これからもマイペースで、生きるのがつらい旨のブログを書いていきたい。

あと、保坂和志を読もうと思う。

最近とみに読書力が衰えているので大変かもしれないが。